北海道地区セミコンタクトルール講習会 松井館長ご指導

5月12日、I.K.O.セミコンタクトルールの正式導入に伴い、松井館長自らお忙しい中ご来道いただき、直接、指導員及び道場生に対しご指導くださりました。  
開始から中盤までは、ストレッチ、基本稽古に交えながら、空手道に関する基本でもある礼儀、礼節が如何に大切であるかを少年部にも分かりやすいように時間を掛け丁寧にお教えくださり、それが社会生活に直結するものであることを説かれ、一般部参加者や各指導員にも改めても心に響いたことと思います。



お言葉の中で特に印象に残っていますのは、総裁からの継承でもある「できるか、できないか」ではなく、「やるか、やらないか」であり、やらずしてできないということは論外だと改めて館長から直に拝聴した際は、身が引き締まる思いがいたしました。

最後に、この度の講習会をご準備いただいた塚原支部長並びに札幌東支部の保護者の方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。

 

Comments are closed.