未熟者・・・!

久しぶりのアップにも拘らず格好の悪い話で恐縮です。今日は天気もよく明日も休みなので愚息に手伝ってもらいながら自家用車のタイヤ交換と洗車、ついでに物置の整理をした。全日本の結果も気にしつつ洗車まで終わり、物置から今は単なる物置台となっている古い食卓テーブルを処分しようと外に出してきた。テーブルの脚は接着剤と蝶ネジ数本で天板と固定されており、1本外した段階で「面倒くさいぞ」という悪魔のささやきが聞こえ「どうせ捨てるんだし、よーし試割だ!」脚が1本外れたテーブルは、蹴って下さいと言わんばかりに丁度いい角度で待ち構えている。まず息子にやるか否かの確認をしてから促した。「カンッ」スネが硬い木とぶつかって脚を抱えてジャンプして痛がっている。イケルとは思っていなかったが躊躇せず繰り出した下段は思いのほか強かったので少し心配になったが大丈夫そうだ。

「未熟者!」と罵声を浴びせ、いざ真打登場。元々スネには自信はないのだが、このくらいはイケルだろうと蹴り出す。一瞬「痛いんじゃないかな?」と頭を過ぎった瞬間、軌道が変わり宛所を間違えた「バイ〜〜〜ン」という音と共に天板ごと飛んでった、もちろん折れてない。脚に激痛!息子の手前、顔には出さず…。されど息子は大笑い。「未熟者!」小さく呟く。しばしテーブルを見つめ、我に返り反省。

そのテーブルは30年以上前のもので食卓用として使用しなくなってからは10年以上経っているものの朝、昼、晩と食事の際にお世話になったものである、捨てる物といえど感謝の気持ちを持って取り扱うべきで粗末に扱った報いが激痛を通して教えてくれたのではないだろうか。それにしても昔の家具は頑丈だ。人間も昔の人の方が遥かに頑丈で味があるといつも思う。後生の人にそう思ってもらえる人間になれるだろうか。今週の稽古もまた負傷しての出席に…。自己嫌悪。

Comments are closed.