想い出の幕張メッセ(エピソード編)

2009 国際壮年空手道選手権大会出場のため前日千葉入りし、アルコールは1滴も口にせず早目の夕食を済ませ(当たり前ですが)早目に就寝…、就寝…、就寝…。

「あれ!寝れない!」ホテルのベットではあまり寝ることが出来ない私は、その日もいつもに増して寝付きが悪く気が付けばカーテンの外は明るく感覚では一睡もしていない感じで、完璧に寝不足!更にそれによる頭痛。「なぜこんな大事な日にー」と思いながらやむを得ず頭痛薬を飲む。会場に付いてからボーっとしてくるも酷くなると寝込むほどの頭痛持ちの私はそればかりが心配で試合の緊張はあまりせずに済んだ。ポジティブに考えれば極度の緊張せずに済んだのはそんな軽い頭痛があったからだ。

「ラッキー?」そして開会式直後の第1試合出場の私は試合開始予定まで少し時間があるはずだったのでその間アップでもと思っていたが、開会式終了後すぐ各コートにて試合開始の旨を告げるアナウンスが…。

「えーっ」焦る!何しろ自分の荷物を置いてある場所から試合コートまで異常なほど遠い!急ぎたいが何せ人の大渋滞。それでも「すいません、すいません」人を掻き分けて急ぐ。自分が急いでいるからといって皆、これから試合を控えてる選手、特に子供に怪我などさせてはいけないと気遣いつつ進む、「痛いっ!」靴を履いた子供に痛めている足を踏まれた。テーピングをしていたため私は靴を履けず裸足だった。

「逆に子供にやられたか」いやいや、ポジティブシンキング、子供に痛い思いをさせるよりは楽「ラッキー?!」。

共通出入口を抜けると少し人が空いた。走る。体が温まってくる「アップしなくても良くなったかな」「ラッキー?!!」。私の試合を行なうコート番号へ急ぐようアナウンスが流れる。サポーター類を持ってセコンドに付いて頂くS先生と共にコートへと折り返し急ぐ、私のゼッケンと個人名でアナウンスが流れる。焦りは最高潮!「失格」の二文字が頭に…。ここ数ヶ月自分なりに追い込んで頑張ってきたのにそれは嫌だ!他のコートを横切って滑り込む、他のコート、全観客が私待ち。「急げー、急いでー」色んな方から怒られる。「でもダラダラしていた訳ではない!どうしよもないことだ」自分を落ち着かせる…。」「始めー!」あれこれ試合運びなど考える暇は一切なく試合が始まった。頭の中は支部長に言われていた自分から攻撃を仕掛け、止めーの声では自分の攻撃で終わっていることだけを考えることができた。考えてみればギリギリに滑り込んだことで余計なことを考えずに済んでこれも「ラッキー?!!!」

試合は城西の黒帯の方に胸をお借りすることになり、結果は敗れましたが試合中、苦しい時にセコンドに付いていただいたS先生方に声援をかけていただいて何とか踏ん張り判定まで持っていくことができました。改めて感謝いたします。ありがとうございました。

Comments are closed.